ブログトップ

明日はきっと晴れ

降り続く雨はない。今日が雨でも明日はきっと。


by mamag_riry
プロフィールを見る
画像一覧

不屈のGカップ

3日前、仕事の人間関係ですごく落ち込んだ。どうやって再びモチベーションをあげればいいのだ、、、ってくらい。
あ、今日はグチグチいくので悪しからず。ペッとおもわれたら最後の1行だけ読んでくださいな。

そんなときどうやって自分を維持するか、対応は人それぞれでしょう。
私はちょっと一呼吸おいてからパソコンの新規メールに吐き出すの。 罵詈雑言などではなくその事実と今の自分の状態を。
宛先はもちろんメールの相手。でもこういうときの宛先は書き終えた最後に入れる。

e0183783_07200171.png


そのひとつひとつについて打ちながら過去の記憶をたどる、過去のメールのやりとりや、事の顛末を記したメモなどを引っ張り出しながら、誤解や勘違いがなかったかどうかを検証しながら書き足していく。
ほら、パンピーの私でさえこうしてメモを残すのに、、、と国会中継でウソ八百を平気で並べ立てるお歴々の顔もよぎりながら。

ここで「送信」を押したらどんなにスッキリするだろうと幾度か思いながらこらえる。こらえながら送信してもいい文章になるまで削ると書くを繰り返し、やがてメールには向かないような長文ができあがる。
何度か読み返した後、送信ボタンの一歩手前で、宛先を入れる。 押したい、押したいぞーっ!!
e0183783_07203109.png

でも押さない。 ほぼ絶対押さない。めんどくさいヤツと自嘲しながら Cut & Paste で全文をWordの新規文書にぺったんこしてさらに続ける…。
解決策が浮かんだらそれの功罪両面を書き足す。その場で浮かんだにわかアイデアだから明日はどうなってるかわからないのでまだ燻ぶってる腹と一緒にとりあえず一夜漬けにしておく。
それにしてもメールのあて先を最後に入れただけで収めてしまうなんてアホくさいったらありゃしない。



面倒くさいけどこうして炙り出しているうち、物事や相手のいろいろな面が見えてくる。もちろん反省もふくめて。
自分自身の足りない面、いまさらどうしろと言うのだ、と解決策などないのでそこは落ち込んだままだけど、相手の輪郭は以前よりハッキリしてきて「やっぱりそうか」と思うことしばしば。
e0183783_07102076.jpg
こうして一夜漬けはときに三夜漬けになったりして時が過ぎてゆけばいい。時は薬。忙しいのはこんなとき助かる、というべきか。身勝手な相手の言い分がはっきりすればいつまでも引きずられる愚は避けられる。
言いたいことをポンポンと言える人はうらやましい。相手が傷つくだろうなんて考えずポンポン出てくる。お気楽だなと思うけど同じことはできない。私がそれをすると、スッキリどころか苦い後味を引きずってしまう。

言わぬが花。 あだ花? 
こうして嫌なことをぜんぶ胸の内に収めるからどんどん胸が大きくなってしまうのよ(>_<)。 まったくもう、ブラを選ぶときタイヘンなんだから(爆
e0183783_05474615.jpg



[PR]
トラックバックURL : https://mamag.exblog.jp/tb/26022036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iwamoto at 2017-09-03 07:59 x
お腹に溜めて、パンツのサイズが大きくならないよう祈るばかりです。
Commented by mamag_riry at 2017-09-03 08:32
★iwamotoさんへ
それを案じてつい最近、骨盤底筋体操ってのをはじめました ^^) _旦~~
Commented by rui-asami at 2017-10-11 19:17
以前これを読んだ時に、
あるブログに載っていた言葉を思い出しました。すぐにそのことを書こうと思いつつ、
今になってしまいましたがーーー
「正しいことは大きい声で言ってはいけない」
ただこれだけの文章です。
悩んでいる時ってそのことに頭がすぐまわってしまいがち、
「ったくもう!!」と思うことってしばしば、
でもそれを言ったら相手が反感を持って向ってくるばかり
だから大きい声(この場合正々堂々と正しいことを言うということだと思う)で言わない方が良いと解釈しました。
なるほどと思い、
そのことを話したくてずーっと引っ張っていましたーーーーーー
慌ただしく忙しかったこともあってーーー
Commented by mamag_riry at 2017-10-13 03:49
★rui-asamiさんへ
歯がゆいなー、と自分のことを思うのですがポンポンと反撃できるほどまたアタマも回りません(笑)そんな自分を傍観者として見ている自分がいます。。。ちょうど今、東京新聞の「傍観者」というコラムに、ある作家がそんなことを書いていて、私だけじゃないのね、と思ったり。
でも世の中、正論を正々堂々と振りかざしての物言いが圧倒的に多いですね。あ、時には間違っていても堂々と言い放っている厄介なお方もよく見ますが(笑)
「負けるが勝ち」というのは逃避のようでもありますが負けた者にしか見えない真実というのも確かにあるのですね。
だから「ったくもう!!」と思いつつ自分のペースで進めていけるのかもしれませんね。
by mamag_riry | 2017-09-03 07:21 | Trackback | Comments(4)