ブログトップ

明日はきっと晴れ

降り続く雨はない。今日が雨でも明日はきっと。


by mamag_riry
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

笑顔を見せて

ガソリンの行列がいやというのもあるけれど、こんな時だからガソリンの消費を抑えようと、地震以来車に乗ったのはたった一度だけ。

どこへ行くにも車だった生活をガラリと変え、どこへ行くにも歩きと公共交通機関。


風の強いきのうも耳鼻科と市役所へ駅二つ分をテクテクと何キロ歩いただろう。花粉よけに深めに帽子をかぶってマスクは二重でバッチリ。

これじゃ向こうから顔見知りが来てあいさつしたって私だとは気付かないだろう。
「どちら様?」なんてヘタに足止めさせるのも気の毒だから、俯き加減で気付かないふりして通り過ぎる。
e0183783_1949589.jpg


道端の花や木に目を留め、しゃがみこんでカシャッとしてても完全装備の姿からは絶対に私だとバレない。
ふだんなら、カメラを手にして立ち止まったりしゃがみ込んだりは誰かに見られているようで落ち着かないのにこれはまたなんてお気楽でいいこと。

こぶしの花も咲く時を待っている。歩く先々で出会う梅も桜も、水仙もヒナゲシも。
e0183783_1948168.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連日、深刻になる原発のニュース。

両陛下は那須御用邸のお風呂を解放し、宮内庁も御料牧場で採れる食料を被災者にと。
3月末で閉館予定の赤坂のグランドプリンスホテルも被災者に期限付きで提供されることになった。
e0183783_19531978.jpg

すっかり姿を変えてしまった故郷に、「もう戻れない」、「もうあきらめるしかない」と絞り出すようなつぶやきが力なく漏れる。

東京にいてできることは少ない。仕事の面でも自粛、自粛と続く。
 「こんなときだから止めるべき」なのか、
 「こんなときかからこそするべき」なのか、どこでも議論が分かれる。

気持ちの沈みがちになる毎日だが、仕事で一緒だったあの人は今どうしているだろう・・・、あの人はどうだろう、と東京に暮らしていても高齢で一人暮らしの方や、いつも一緒だった方たちの顔が浮かぶ。

自分自身も思いのほか精神的に影響を受けているのがわかる日々。
本の中に逃げ込んでしまう、悪いクセが出ている。

今の私は極力、少し無理をしてでもモチベーションをアップさせ、被災者ではないごく普通の、沈み込んでしまいそうな方たちのために、できることから日常を取り戻していこうと思い始めている。
e0183783_19582267.jpg


笑顔を見せて。自分にも他人にも。
[PR]
by mamag_riry | 2011-03-26 19:50 | 今日の想い