ブログトップ

明日はきっと晴れ

降り続く雨はない。今日が雨でも明日はきっと。


by mamag_riry
プロフィールを見る
画像一覧

鶴見線_国道駅

もう3年前からずっと行きたかったところがありました。
それはJR鶴見線の国道駅。旧国鉄時代、昭和の面影がそのまま残っている。
休日の昼間も暗い。ガード下の店が開いている時間に来てみたいけど一人ではちょっとためらうなぁ…。

e0183783_10491269.jpg



e0183783_10491201.jpg



e0183783_10491205.jpg



e0183783_10491224.jpg



e0183783_10491240.jpg



e0183783_10491102.jpg


こんなところがけっこう好き。



[PR]
トラックバックURL : http://mamag.exblog.jp/tb/24133812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iwamoto at 2016-02-13 19:47 x
お! 有名地。
いい感じに撮れましたね。
無人駅でしょ、TVでよく見ます。
やきとり「国道下」があるところ。
昼間もやってると聞いたような気がします(笑)
Commented by mamag_riry at 2016-02-14 12:02
☆iwamotoさんへ
あ、さすがご存知ですね。
この手のものが好きな私にはたまりません。
美しくも華麗でもなく、淀んでいる澱のようなもの、逢魔ヶ時のような時間と空間がとても危険な魅力です。
Commented by iwamoto at 2016-02-14 14:16 x
やきとり「国道下」は「酒場放浪記」でも「おんな酒場放浪記」でも行ってましたよ。
これらの写真が昼間に撮れちゃうのは、ホントに闇があるからでしょうか(笑)
Commented by mamag_riry at 2016-02-14 18:10
☆iwamotoさんへ
放浪するのは好きですがあいにくどちらの放浪記も存じません。
情報によるとこの店だけが営業しているのだとか。
店があくのは夕方から夜なのでしょう。1本50円とか!
闇はやがて光によって解き放たれ、その光もまた闇に包み込まれますが、この薄暗がりのガード下の中ほどに立つと、時が止まり、朝昼夜がなくていつも同じ暗さだけがまとわりついているような感じがするのですよ。
そして稀にその静寂を突き破るかのように写真のような親子連れやピチピチの女子高生がシャラッと通り過ぎるのです。
異空間を行き来する、またはドラえもんの「どこでもドアから入ってきた?」と問いかけたくなるような!
彼らが通過した後はまた水を打ったように静かな暗がりが覆ってしまう。。。とにかく実に不思議で興味が尽きない場所でした。
って、ヘンでしょうかしら(笑
Commented by iwamoto at 2016-02-14 19:51 x
当方にて、ままじさんのコメントにCakeaterさんから、コメントをもらってます。
Commented by suteki-kira-kira at 2016-02-16 13:52
「酒場放浪記」も「おんな酒場放浪記」見てます
こんな所が出てたんですか?
本当に危険な感じです・・・ ママジさん おひとり様ではやめましょ~ ((笑 
危険感って不良ぽい人の魅力みたいなものでしょうね~
ここは かなり上級ぽいけれど・・・(^_^;)
Commented by mamag_riry at 2016-02-17 09:30
☆soraさんへ
テレビをあまり見ない私はとんと見当もつかず・・・。

ここの危険な雰囲気は独特です。ヤンキーっぽいのとも不良のたまり場ともちょっと違うかな~~と。
実は日暮れから宵の口の頃にウロついてみたい気持ち満々なのですが、私の防衛本能が「やめとけ」と言うのです。
横浜へのお年始帰りの夕方、ウズウズしつつも「やめとけ」という心の声に従って思いとどまっています。
どんな感じか、うまく伝えられなくてすみません。
Commented by paoまま at 2016-02-17 11:27 x
「おおっ!酒場放浪記じゃ!」
と、思ったのは私だけじゃなかったようですね。
酒場放浪記のテーマ曲が聞こえて来そうです。
(と言っても実は見た事はないケド)
昭和な感じですねぇ。
昭和の「頑張って来たけど、ちょっと取り残されちゃって」な寂寥感もありーの、混とんとした感じもありーの、な感じは好きです。
写真の寂寥感や混とんとした感じは人の作り出したものですにゃあ。
鉄道もお好きですし。 鉄道は「つなぐ」もの。

ままじさんは人が(人を観るのが)好きなんじゃろうなぁ、と勝手に想像しています。
Commented by mamag_riry at 2016-02-18 00:24
☆paoままさんへ
テレビ見ない私、ほぼ浦島ちゃんですぅ(*_*;
不思議な一角でした。人が住んで街ができるわけですね。

私のつたない写真から混沌としたもの、を感じ取ってくれてとってもうれしいです。取り残されたようなガード下の暗さから突如現れる子どもや女子高生の新しさや明るさ。
チグハグだけどちゃんと成り立っている混沌なのでした。キレイで整い過ぎの街に食傷気味なのかもしれない。それもここに惹かれる所以なのかな・・・。
by mamag_riry | 2016-02-13 10:59 | 今日の想い | Trackback | Comments(9)