ブログトップ

明日はきっと晴れ

降り続く雨はない。今日が雨でも明日はきっと。


by mamag_riry
プロフィールを見る
画像一覧

北海道ひとり旅-釧路編・完結

さて、私のひとり旅もラストです。5泊6日をかけて道南→道央→道東と、こんな感じで旅をしました。
e0183783_113032.jpg



***************************

この旅が釧路で終わるようしたのにはちょっとした理由があった。
e0183783_8185522.jpg


原田康子の小説、「挽歌」の舞台になった釧路を訪ねてみようと思ったから。下は幣舞橋の欄干に立つ四季の像。小説には出てこないが。
e0183783_8433597.jpg


映画や挽歌族という言葉が流行ったころ、私はまだ小学生だったからそんなことは知る由もなく、この小説と出会ったのはたぶん10代の終わりか二十歳くらい。3回は読んだと思う。
 
背表紙の「挽歌」という書名に魅かれて手に取り、ページをめくると従兄の住む北海道のことが書かれていて、それでなんとなく買った。

ところが、多感な年頃の娘(←だったはず)にはまさに衝撃の一冊だった。内容は書き出すととまらなくなりそうなのでほんの少しだけ。。


小説の中でヒロインの玲子が挑発するように発した言葉「ムッシュがコキュだからよ」のコキュの意味は英語の辞書には載っていなかった。フランス語の辞書はない。

訪ねる人は先生くらいだけど、なんとなく聞けない言葉のような気がしてその先を読み進めながら意味を探り、どうやらそういうことらしいと解かったときの衝撃!(写真は「春」)
e0183783_8441288.jpg




果てしなく続く湿原の闇と、霧の幣舞橋は、自虐的に堕ちてゆくヒロインが抱える原風景のように最後まで纏わりついているのに、とつぜん現れるごくふつうの明るい若さがまた衝撃の裏切り!(写真は「夏」)
e0183783_8442820.jpg



クライマックス、桂木夫人の遺体が見つかったという風連湖までの単調な一本道の描写と夫人の白いデスマスク。風連湖もデスマスクも初めて知った。衝撃!ショック!(写真は「秋」)
e0183783_8451187.jpg



こんなダメージをあちらこちらに散らかしたまま、新たな明日へ向かうであろうヒロインを予感させた物語の終わり方もまた衝撃。(写真は「冬」)
e0183783_845366.jpg



・・・少し、と言いながらやっぱり(-"-)。
ともかく、小説を読んで以来「風蓮湖」という名は忘れられず、その(たぶん)数年後、法事で北海道を訪れたとき、従兄にたのんで風連湖へ連れてきてもらった。その風景と音は今でもはっきりと思い返すことができる。



前置きが長くなってしまったけど、これが未踏の釧路をぜひラストにと思った理由。
e0183783_8522846.jpg


ところが釧路空港までのシャトルバスが発車するまであまり時間がなく、ひげさんオススメの和商市場と私が行きたい幣舞橋、両方いくのは無理そう。おいしそうなお昼を楽しみにしてたけど。

シャトルバスの発券所で「幣舞橋だけなら行ってこれるか?」ときくと、それすらも時間がないから止めた方がいいと言われてしまった。
e0183783_8593979.jpg

幣舞橋だけでもいい、あきらめきれない私はタクシーへダッシュ。「渋滞しなければいいけどなぁ・・・」と気乗りしない様子で時計を見ている運転手さんに、

「写真を撮る間だけでいい。タイムリミットだと思ったらクラクションで合図して」とお願いして後部シートに滑り込んだ。


構図なんて考えているひまもなく、とりあえず撮った、四季の像と幣舞橋からの風景は、なんだか「行った」という証拠写真のようになってしまった気もするけど。
e0183783_8542923.jpg



「釧路を味わう時間がなくて残念」というと、「見どころは幣舞橋だけですから」と、運転手さん。

小説の中にしばしば登場した喫茶店「ダフネ」を探し当てるには、この街にアンバーのフィルターをかけ、タイムマシンで時間を遡るしかない、、、か。
e0183783_8533872.jpg



e0183783_902251.jpg


*************************
これでおしまいです 長い長い旅行記にお付き合いくださいましてありがとうございました。






たま~の旅行はついお土産を買いすぎる。あの人に、この人に・・・って。
e0183783_10551044.jpg


62歳の一人旅、人生のいい一区切りでした。
[PR]
トラックバックURL : http://mamag.exblog.jp/tb/18546927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iwamoto at 2012-08-26 12:11 x
え〜っ、同い年でしたの? 驚きました。
わたしは50年の5月5日生まれです。
Commented by 葉月 at 2012-08-26 16:02 x
地図まで載せて下さってありがとうございます。

こんなに端から端まで行かれたのですね。
全て移動は鉄道なのでしょうか?

今回、勉強になったのはガイドさんを利用されたということです。

女性のひとり旅で少し不安に思うけど、
信頼のおけるガイドさんが居て下されば、その地ならではの情報も教えて下さると思うし相談もできますよね。

小説の舞台を訪ねる旅も憧れます。

北海道は5泊6日はいるでしょうね・・・。
うーーーん、私はいつになるのなら・・・。

まだまだきっと話し切れない事があるかと思います。
また、お時間のある時に教えて下さいね。
Commented by boquet01 at 2012-08-26 20:58
北海道縦断ひとり旅お疲れ様でした~
道南しか行っていませんので楽しく見せて頂きました。

私より2つ上のままじさんの行動力に感心ばかりしています。
「夢は見るものではなく叶えるもの」と言う澤選手の言葉を想い出しています。
私も、何時か写欲で北海道縦断を....と希望に燃えています(笑)
Commented by ままじ at 2012-08-27 01:06 x
★iwamotoさんへ
はい、同い年だったのです。驚きの理由は聞かないことにしておきます。
意外なオチだったでしょう。
Commented by ままじ at 2012-08-27 01:15 x
★葉月さんへ
地図にするとまぁよく動いたものだと我ながら思います。
鉄道と車が半分ずつほどの移動でした。すべて鉄道なら
別のルートになるでしょう。
途中、従兄と一緒だったので完全なひとり旅ではないのと、
ブログでのやりとりを通してひげさんを頼っていくことができて、
何よりの安心でした。
小説や音楽や絵画を巡るヨーロッパの旅もしてみたいです、って
ぜいたくな夢ですけどね。
Commented by ままじ at 2012-08-27 01:21 x
★boquet01さんへ
2つ違いでしたか。じゃ同じ世代ってことで、よろしくです(笑
夢は叶えるもの・・・そのためにはまず夢を描くことから
はじめなくちゃなりませんね。
すてきな夢を描きましょ、お互いに。

by mamag_riry | 2012-08-26 10:59 | Trackback | Comments(6)